忍者ブログ

岩手県域コーディネーターの活動状況

ここは、グリーン・ツーリズムを実践しようとしている人の「体験プログラムの作成方法がわからない」「人材育成方法について聞きたい」「旅行業者等との連携方法がわからない」「推進組織を立ち上げるにはどうすればいいのか」という問題を解決するために、岩手県が設置した県域コーディネーターの活動状況を紹介するページです。
忍者ブログ [PR]
11 2019/121 2 3 4 5 6 78 9 10 11 12 13 1415 16 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 01

:2019:12/07/12:29  ++  [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

:2009:03/10/10:07  ++  岩手県観光協会教育旅行誘致宣伝部会

3月9日(月)      岩手県GT推進協議会から幹事として出席
              教育旅行誘致説明会は、本年度は東京、大阪、名古屋、IGN主催の仙台に
              参加PR活動を実施、年々体験型教育旅行に対する民泊や体験プログラム
              の問合せが、多くなっております。
   
 第二回幹事会

・平成20年度事業の実施状況について
  教育旅行誘致促進事業 (1)誘致説明会 ①東京会場 ②函館会場、札幌会場 ③大阪会場
  教育旅行情報発信事業 (1)体験メニューガイドブックの増刷 (2)HPの活用
  その他教育旅行誘致関連事業 (1)北東北三県合同教育旅行情報交換会参加(札幌)
                       (2)東北教育旅行事例発表会参加(東京)
                                                            (3)仙台教育旅行誘致説明会参加
                       (4)北東北三県合同教育旅行説明会参加(名古屋)
・平成21年度事業の実施方針(案)について
  1・岩手県修学旅行誘致説明会の開催  東京都、北海道(函館、札幌) 函館は方法を検討
  2・体験メニューガイドブックの作成
  3・ホームページを活用した情報発信
  4・教育旅行セミナーの開催(新規)
PR

:2009:03/03/23:33  ++  金ヶ崎町グリーン・ツーリズム研修会

3月3日(火)       金ヶ崎町では、はじめての研修会でした。午前と午後地域を変えて実施、参加者は
          9名と少なかったが、これを契機に受入態勢が出来ればと思います。
          参加者の皆さん、今度ゆっくり地域ツーリズムについて語り合いましょう。

 場所:10:00~町民菜園パーク会議室
     13:30~和光地区研修集会施設

 内容:農村体験学習受入に係る研修会の講師として

     ・県内各地の取組み状況を説明
     ・教育旅行受入のニーズと態勢作り
     ・ふるさと子ども夢学校の対応と民泊の必要性
     ・「ならでは」探しから、岩手、金ヶ崎地域ツーリズム
 課題
     ・なぜ今体験型ツーリズムが求められるのか、住民意識の向上に力を入れる必要がある。
     ・農家に対する受入意向調査を実施したほうが良い。
     ・20年前の悪印象を時間をかけて払拭する努力を!思いのある人はいるので
      無理なく、やれる方法と人からはじめましょう。
     ・奥州GT推進協議会と連携を図ることと、受入時の状況視察を予定してもらいたい。

:2009:03/01/00:07  ++  浮田地区GT勉強会

2月28日(土)     浮田地区地域資源の掘り起こし・ワークショップのファシリテーター・アドバイザー
              として・参加者全員で資源や課題を共有できたと思います。
              次年度も引き続き開催予定です。

【場所】 浮田振興センター  参加者 17名                         
                                    
                                                  
      
【内容】
  ①浮田地区を誇れる地域にするためにワークショップを2班編成で開催
  ②地域の魅力、資源、お宝探し
  ③体験プログラムの商品化と課題の抽出
  
                    
【課題】
  ①地域プログラムの作成と体験指導者リストを作成し、情報発信につなげる。
  ②プログラム作りの手法は、指導できたが、商品化までは時間がなくできなかった。
  ③教育旅行の受入が可能な地区と思うが、無理に進めると拒否反応が出るので可能なところから
    時間をかける必要がある。民間主導で
  
      
  
  
 

:2009:02/27/12:56  ++  久慈広域GTスキルアップセミナー

2月26日(木)     久慈広域観光協議会の要請で岩手型グリーン・ツーリズムについて講演をしてきました
               
【場所】 久慈市:やませ土風館  参加者 15名                         
                                    
                                                    
      
【内容】
  ①岩手県のGTの取組みについて
  ②地域ツーリズムと市場動向
  
  
                    
【課題】
  ①地域内で連携した(農商工観)取組みが必要。
  ②地域コーディネーターがいるので活動は活発
  ③教育旅行は山形町から如何に周辺に波及させるかが課題。
  ④情報発信
  
  
 

:2009:02/23/16:09  ++  石鳥谷・八幡まちづくり元気塾

2月21日(土)          八幡元気塾3回目、今までの振り返りと今後の街づくりの方向性を決めるため
                   車座会議の進行役として

【場所】 花巻市石鳥谷町:八幡振興センター   参加者 18名                         
                                                                                      
      
【内容】
  ①地域資源の活用方法と街づくりのリストアップ
  ②3班に分かれたワークショップのコーディネーター 
  
                    
【課題】
  ①地域ツーリズムは、地域の人が中心に進めなければならない。
  ②夢があり、楽しみながら、全員参加型の事業が望ましい。
  ③八幡田園アート事業を提案、今後具体的に検討することになった。
  ④次年度は、継続してプロジェクトを立ち上げ、実行に向け協議することを望みます。